Hakuna matata

有夢最美,男友相隨
MENU

聽桜ノ雨噴淚了



喜歡這個版本的,對合唱總是沒輒(嘆)

歌詞↓

それぞれの場所(ばしょ)へ旅立(たびだ)っても
就算踏上各自的旅途

友達(ともだち)だ 聞(き)くまでもないじゃん
我們仍然永遠是朋友

十人十色(じゅうにんといろ)に輝(かがや)いた日々(ひび)が
在這多采多姿的日子

胸(むね)張(は)れと背中(せなか)押(お)す
我們挺起胸膛相扶持

土埃(つちぼこり)上(あ)げ競(きそ)った校庭(こうてい)
操場飛揚的塵土

窮屈(きゅうくつ)で着(つ)くずした制服(せいふく)
身穿襤褸的制服

机(つくえ)の上(うえ)に書(か)いた落書(らくが)き
桌上刻畫的塗鴉

どれもこれも僕(ぼく)らの証(あか)し
都是我們的證明

白紙(はくし)の答辞(とうじ)には伝(つた)えきれない
數紙感言都無法傳達的

思(おも)い出(で)の数(かず)だけ涙(なみだ)が滲(にじ)む
是無數回憶凝成的眼淚

幼(おさな)くて傷付(きずつ)けもした
年少輕狂的傷痕

僕(ぼく)らは少(すこ)し位(くらい)大人(おとな)に成(な)れたのかな
可曾讓我們更似大人

教室(きょうしつ)の窓(まど)から桜(さくら)ノ雨(あめ)
教室窗外飄落櫻花雨

ふわりてのひら
輕落掌中

心(こころ)に寄(よ)せた
更添別離情

みんな集(あつ)めて出来(でき)た花束(はなたば)を
聚集大家手上的花束

空(そら)に放(はな)とう
揮灑空中

忘(わす)れないで
不會忘記

今(いま)はまだ…
縱然現在…

小(ちい)さな花弁(はなびら)だとしても
只是小小的花瓣

僕(ぼく)らは一人(ひとり)じゃない
我們並不是狐單一人

下駄箱(げたばこ)で見(み)つけた恋(こい)の実(み)
鞋箱中發現的戀愛果實

廊下(ろうか)で零(こぼ)した不平不満(ふへいふまん)
走廊下零落的不平不滿

屋上(おくじょう)で手繰(たぐ)り描(えが)いた未来(みらい)図(ず)
屋頂上比畫的未來藍圖

どれもこれも僕(ぼく)らの証(あか)し
都是我們的證明

卒業証書(そつぎょうしょうしょ)には書(か)いてないけど
畢業證書上未曾記載的

人(ひと)を信(しん)じ人(ひと)を愛(あい)して学(まな)んだ
是我們學到的愛與信任

泣(な)き 哭泣

笑(わら)い 歡笑

喜(よろこ)び 喜悅

怒(いか)り 憤怒

僕(ぼく)らみたいに青(あお)く青(あお)く晴(は)れ渡(わた)る空(そら)
就在這青而青出於藍的天空下

教室(きょうしつ)の窓(まど)から桜(さくら)ノ虹(にじ)
教室窗外櫻花成虹

ゆめのひとひら
瓣瓣夢想

胸(むね)奮(ふる)わせた
意氣飛揚

出会(であ)いの為(ため)の別(わか)れと信(しん)じて
懷抱著對大家的信任迎向新的邂逅

手(て)を振(ふ)り返(かえ)そう
揮手別離

忘(わす)れないで
不會忘記

いつかまた
就在某個
大(おお)きな花弁(はなびら)を咲(さ)かせ
櫻花盛開的日子

僕(ぼく)らはここで逢(あ)おう
我們終將再會於此

幾千(いくせん)の学(まな)び舎(や)の中(なか)で
縱然校舍無數

僕(ぼく)らが巡(めぐ)り逢(あ)えた奇跡(きせき)
我們卻仍然相遇的這個奇蹟

幾(いく)つ歳(とし)をとっても変(か)わらないで
即便時光荏苒也不變的

その優(やさ)しい笑顔(えがお)
你那溫柔的笑容

教室(きょうしつ)の窓(まど)から桜(さくら)の雨(あめ)
教室窗外飄落櫻花雨

ふわりてのひら
輕落掌中

心(こころ)に寄(よ)せた
更添別離情

みんな集(あつ)めて出来(でき)た花束(はなたば)を
聚集大家手上的花束

空(そら)に放(はな)とう
揮灑空中

忘(わす)れないで
不會忘記的

今(いま)はまだ…
縱然現在…

小(ちい)さな花弁(はなびら)だとしても
只是小小的花瓣

僕(ぼく)らは一人(ひとり)じゃない
我們並不是孤單一人

いつかまた
就在某個

大(おお)きな花弁(はなびら)を咲(さ)かせ
櫻花盛開的日子

僕(ぼく)らはここで逢(あ)おう
我們終將再會於此

Leave a reply






只對管理員顯示

Trackbacks

trackbackURL:http://ylmt.blog124.fc2.com/tb.php/181-a65de804
該当の記事は見つかりませんでした。